「上智大学美女図鑑」

Twitterやキャンパスのポスター、色々な場所で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
そのTwitterのフォロワー数は学内No.1!

今回は、第2弾となる写真集を出された上智大学美女図鑑の前代表・今井成美さんにお話を伺いました。

【学生証】

①名前:今井 成美(いまい なるみ)
②所属:文学部哲学科卒業・現在は商社に勤務
③経歴:上智大学写真部部長・上智大学美女図鑑代表 卒業論文では、写真をテーマにする。

自分の足跡を残したい

-今回、第2弾の美女図鑑の写真集を出されたということですが、発売された理由を教えてください。

(今井)上智大学美女図鑑の立ち上げの時期から自分がいて、美女図鑑は1年生の時に当時の3年生の先輩が作ったサークルなんです。

1年生のころに自分の周りにいた人と4年生の時に周りにいる人は一新されて、昔冊子を作った人とまた世代が変わって、自分が四年生になって、こんなにいっぱい可愛い子がいるのに、もったいないと思いました。

そして、自分の足跡を残したくて、卒業制作みたいな意気込みで作らせてもらった感じですね。

-主に、今井さんが中心に作られたんですか?

(今井)まあ、そういったらあれですけど、中心となって作りました。

-卒業制作のような意気込みということだったんですが、込める思いはありますか?

(今井)うん。好き勝手やらせてもらって、かなり気持ちのこもった作品ですね。

-写真集という実際に形となって気持ちはどうですか?

(今井)卒業論文を書いた時に写真ってデータで見るものと印刷されたものは違うよねみたいな視点から書いていて、それをまさに感じました。

SNSで写真をみているのと、手にとって印刷されている写真みて、まじまじと美女をみると、また違うものが思われるなと。 写真集である価値を作れたかなと自分では思います。

-写真集は色々なロケーションで撮影されていますが、撮影者のアイディアで決めるんですか?

(今井)最初にモデルさんを10人決めさせてもらって、モデルさんを並べて誰がどこが合うかなというのを幹部と話し合って、「この子はここ」という風に場所を決めて撮影に及びますね。

-結構難しそうですね。感覚的なところで。

(今井)なので、部内で意見はぶつかりますよね。笑

ぶつかるけど、それがないといいものは作れないな。 なんか見た目が可愛いだけじゃないんだろうなみたいのがあって、ほんとにみんなそれぞれに芯があることをを感じ取ってもらえるものになっていると思います。

美女の個性や色が感じられるものを作る

-第1弾の写真集を2015年に出されたそうですが、その第1弾の写真集と今回の違いはありますか?

(今井)変えていったのは、今回、「十人十色」というテーマでやらせてもらって、なんか上智って美女が多いよねって言われません?

-よく言われますね。

(今井)言われるけど、いろんな人がいるじゃないですか。多分みんなが思っているのはミスコンに出ている感じの子だけだから、それも嫌だったんですよ。

-THE・綺麗系みたいな?

(今井)そう。アナウンサー系しかいないみたいな。

だから、今回は十人十色でそれぞれ個性があって、色があってという感じで作らせてもらったというのが一番違うかなと。

-第1弾の時にテーマはあったんですか?

(今井)当時は冊子を作るという目的に必死だったので、統一感というのも正直そこまで出せなくて。

なので写真のクオリティとかもあげようとか、イメージをまとめようみたいな部分も反省から生かして、

-今回は統一感のあるものにできたと…

(今井)できたかな〜。できたといいね〜笑

人を撮る楽しさ+上智の美女=上智美女図鑑

-美女図鑑というサークルについてお聞きしたいのですが、そもそもきっかけは何だったのですか?

(今井)きっかけは、前代表の男の人が「作ります!」と言って、みんなも賛同して、私もそれに乗っかってたんですけど。

もともと写真部から作られたサークルなんですね。

みんな写真を撮ることが好きで、ミスコンやミスターコンの撮影とかもやっていて、人を撮るのって楽しんだって思ったことと、「上智には美女が多いよね。」って言われるところを合わせて面白いコンテンツを作ろうというのが最初でした。

ちょっとやってみたら、反響が思ったより大きくて、「あ、これは真面目にやろう」っていう風になりました。

でも、ほかに東大美女図鑑さんとかがいらっしゃる中で、「うちも冊子を出してみたら面白いかもしれない」となって、冊子を出してみたら、反響がすごかったですね。

-最初にできてからは急成長だったんですね。

(今井)成長はすごかった笑 

一応、大学で一番Twitterのフォロワー数が多いですね。 最初はそこを目標にしてました。「フォロワー今、〇〇人!」というのをホワイトボードに書いたりしていましたね。

近づきがたいあの子と一緒にいる感の写真を発信する

-今、美女図鑑が目指す場所であったり、ミッションやビジョンはありますか?

(今井)私や前代表の考えではあるんですけど、大学の美女を扱う理由として、大学を歩いていて「あ、可愛い」みたいな人いません?

-います、います。

(今井)大学にいる可愛いあの子みたいなイメージで写真を撮って、あの近づきがたいあの子と一緒にいる感の写真を撮ろう、それを発信しようというのが主軸にはあります。 それをこなすのがミッションなのかなと思います。

-ちょっと前に流行った#彼女とデートなうに使っていいよのような感じですね。

上智美女の見つけ方

-実際に、美女図鑑に載る美女はどうやって見つけるのでしょうか?

(今井)とりあえず、学校にいる笑

学校でひたすら人を見て、「あ!可愛い」と思ったら自分の名刺を渡して即話しかける。

-スカウトって感じなんですか?

(今井)スカウトもそうだし、もちろん自薦他薦もSNS上でいただいていて、あとは噂とか「美女の友達は美女」という法則を見つけて美女の友達は美女のはずだから。

-あ〜、写真を撮った人の紹介もある

(今井)ありますね。

-学校で話しかけて、なかなかOKしてくれないという経験もあるんでしょうか?

(今井)何回口説いてもOK出してくれない子はいます。本当に可愛いんだけど出たくない、載りたくないみたいな子は何人かいますね。

最初の頃の苦労話でいうと、美女図鑑がまだ名前が知られていなかった時に「え?全然可愛くない子しか載らないやつでしょ?絶対載らない」みたいなことを言われてすごい悔しくて、そう言われないようにしようと思いました。

最近だと、上智大学美女図鑑というと、「あ〜」と言って話を聞いてくれる人も増えたのかなと。

 

-最後に上智生に一言おねがいします!

(今井)この大学にはこんな可愛い人がいたんだと思ってほしいです。

あとは、

美女募集中です。

-本日はありがとうございました

ありがとうございました。

撮影協力:蔵内靖恵(上智大学写真部)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPILOTIをフォローしよう!

The following two tabs change content below.