ミスソフィア。
歴代のミスソフィアには多くの女子アナウンサーが名を連ねています。

去年開かれた、ミスソフィアコンテスト2017。
ミスソフィア(グランプリ)に内田侑希さん、準グランプリに千葉杏奈さんが輝きました。

そのミスソフィアコンテスト2017に出場したファイナリストを応援し続けた人がいました。プロットさんという方です。

今回は、プロットさんがなぜミスソフィアコンテストを応援し続けたかをご本人にインタビュー記事をお届けします。

プロットさんがミスコンを応援した理由

編集部(以下、編):本日は、よろしくお願いします!!

プロットさん(以下、プ):よろしくお願いします。

編:では、まず自己紹介をお願いします。

プ:プロットと言います。
大阪生まれ・大阪在住の会社員、男性です。
趣味は音楽鑑賞、ショッピング、ウォーキング、ボウリングです。

編:大阪に住まわれているんですね。
編:では、早速ですが本題に入らせていただきます。
  今回なぜ、ミスソフィアコンテスト2017を応援しようと思われたのでしょうか?

プ:私は濵松里緒菜さんを2014年の芸能活動開始時より応援致しております。
その流れで2017年夏、濵松さんがミスソフィアコンテスト2017に立候補される事を、SNSで知ったのが、応援理由になります。

編:なるほど、濵松さんが立候補したのがきっかけだったんですね。
  それでは、ミスコンは濵松さんを特に応援されたのですか?

プ:濵松里緒菜さんが今回、立候補されたことが応援するきっかけになりましたが、
お披露目から本選まで4ヶ月間、私は濵松さんだけではなく、ミスソフィアファイナリスト5人全員を応援致しました。その理由は、日々SNSを通じて、私が5人各々の魅力に強く惹かれ、全員を応援したいと思ったからです。

編:5人全員を応援されたんですね。
  その5人の魅力というものは、それぞれどんなものなのでしょうか。

プ:まず濵松里緒菜さんは、芯の強さと面倒見の良さだと思います。

次に、當金ゆきのさんは頑張り屋で周囲への気配りが素晴らしいです。


川上紗希さんは、笑顔に満ち溢れたガッツの持ち主だと思います。


内田侑希さんは真摯に物事に取り組む熱い心をお持ちです。

最後に、千葉杏奈さんは強い存在感と安心感を併せ持っている方です。

編:ありがとうございます。すごく分析されていますね。

編:ファイナリストの5人は半年間様々な活動をしていましたが、その中でプロットさんが一番印象に残ったものはどれでしょうか?

プ:他大学(青山学院大学・学習院大学)とのコラボWEB企画です。
5人の素の部分をたくさん知る事が出来、読んでいてとても楽しかったです。

編:それでは、率直にミスソフィアの結果を知った時にどう思われましたか?

プ:結果を見た時、内田さんがグランプリ、千葉さんが準グランプリに選ばれた理由がすぐに解りました。

編:その理由とはどんなものでしょうか?

プ:お披露目から本選まで、全てのミスソフィアファイナリスト5人のBlog・Twitterと
Instagram、そして参加できたshowroomを見て感じた事なのですが、内田さん・千葉さん共に「上智大学」を外部に発信されている内容が多かったので、その面を高く評価されてグランプリ・準グランプリに冠されたと思いました。

特に、内田さん・千葉さんそれぞれの所属サークルの活動内容詳細・千葉さんのソフィアタワー紹介のblog・Twitterは、私もとても興味深く拝見させて頂きました。

編:なるほど。

編:今回プロットさんがミスソフィアコンテストを応援されてわかった、ミスソフィアコンテストの良いところやさらに良くするためのアドバイスはありますか?

プ:まず良いところですが、テーマが漢字一文字で、応援する側もコンセプトが解りやすい上、そのテーマに向かってファイナリスト5人が切磋琢磨しているところです。

そして、改善点ですが、あくまで要望です。
ミスソフィアコンテスト活動時のオフショットをたくさんSNSにUPして頂きたいです。

編:ありがとうございます。おそらく運営の方も見られてると思いますので、思いが伝わると良いですね。

編:では最後に、来年もミスソフィアコンテストを応援されるのかお聞きしてもいいでしょうか?

プ:昨夏(2017年夏)に引き続きまた応援させて頂きたく思っています。今夏のお披露目の日が楽しみです。

編:本日はありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPILOTIをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
PILOTI

PILOTI

上智生のメディアPILOTI。 2016年6月にできた、上智生の、上智生による、上智生のためのメディア。