2017年6月といえば、リクナビやマイナビといったインターンをしたい人向けのサイトがオープンする時期。
そもそもインターンとは何か、何を得られるのか、何ができるのか。実際にインターンをしている方に教えていただきたいと思います。

今回は、筆者自身がITコミュニケーションズという広告代理店で長期インターンを経験し、感じたことを伝えていこうと思います。

インターンで得られるもの

インターンでは得られる事は何か。もちろんインターン先の業界の知識、スキルは少なからず得られると思います。しかし、何が1番大きいかと言われると、「社会人とたくさん会話ができること」だと思います。

就活の面接で、落ちる人と通る人の違いは何かという話で、社会人慣れしているかどうかということをよく聞きます。社会人慣れしていない人は、面接の時に、何を喋っていいのか分からずパニックになってしまうそうです。少しでも社会人慣れしていればそんなことにはならないはずです。

この話を聞くとよく、「自分は部活やサークルの社会人の先輩と話しているし大丈夫だ」とか「人見知りしないし社会人とでも喋れるから安心だ」と思う人がいます。筆者自身もそう思っていました。しかし、インターンを始めてみて感じたことは、“仕事”を通して社会人と関わることは、普通の生活での関わり方とまるで違うということです。
もちろん部活やサークル、バイトにおける社会人との関わり方もとても大切経験です。また学生は本分である学業もあるし、日々とても忙しいと思います。

しかし学生の内にインターンをして、社会人になる前に社会人の基礎を作る、ということができるのはとても貴重な体験です。4年間ある学生生活の中で、バイトやサークル活動もいいですが、インターンという選択も考えてみてください。
必ず自分を見つめなおし、成長させる機会になるはずです。

インターンでできること

インターンといっても1日や1週間の短期のものから、3か月や半年といった長期のものまで様々で、業種も多岐にわたっています。インターンでできることも、当然ですがそのインターンによって全く内容が変わってきます。

ただ、1つ言えることは、短期インターンと長期インターンどちらかをやるなら長期をおススメしたいということです。もちろん時間に余裕がないとできませんし、短期が無駄であると言っているわけではありません。
ただ、短期のインターンの場合、会社がインターン生のために用意したプログラムをこなすことが多く、実際の業務に関わることはほとんどありません。会社側も、学生の分際に実際の仕事を任せられるわけないじゃないか!と考えるのも当然です。

しかし長期のインターンでは、実際の業務に携われることが多いのです。もちろん最初はわからないことも多いですし、自分で考えて仕事をしていかなければならないのでとても大変ですが、その分社会人としてリアルに仕事を体験することができ、自身を成長させることができるのです。
短期のインターンプログラムでも得られることは多くありますし、自分のやってみたい会社が短期しかない、ということもあると思います。もちろん短期のインターンもどんどんやってみるべきだと思います。
しかし時間があって、より実践的な仕事ができる環境に身を投じ、自身を成長させたい覚悟のある人は長期のインターンをやってみてください!

インターンをしたことで将来どんなことに役に立つ?

よく言われているのが就活の時に役に立つということですが、これは間違いないと思います。より実践的な仕事経験をしていれば、それだけ即戦力としての期待も生まれます。行きたい企業のインターンをしていれば、それだけその企業の業務を知っていることになるので採用されやすくなると思います。

ただ筆者はインターンをすることで将来役に立つこととは、就活本番より前の、企業選びの時点で発揮されると思っています。
インターンをすることでその会社の業界を知ることができます。また全然別の業界のインターンをすれば、違った価値観を見つけることができます。インターンを行うことによって、自分はその業界の仕事と合っているのか、楽しめるのか、続けられるのか、ということを明確に知ることができるのです。そうして自分に合う、もしくは興味を持てる仕事を見つけることができ、就活における企業選びに役立つことができるのです。

ふんわりとした考えで就職した会社が楽しくなかったら、きちんと考えればよかったと後悔することになると思います。
長くなってしまいましたが、言いたいことは、自分のやりたいことを考えてインターンを探すのではなく、自分のやりたいことを探すためにインターンを始めよう!ということです。もちろんインターンを探すときはある程度悩むと思いますが、少しでも興味のあるインターンは応募してみる価値があります。ぜひ色々なインターンを検討してみてください!

ITコミュニケーションズでは何ができる?

広告代理店ITコミュニケーションズでは、6か月にも及ぶ有給インターンを行っています。先にも述べましたが6か月間という長期の期間がITコミュニケーションズインターンの魅力だと思います。仕事も本来の業務に携わっていくことが可能で、その分かなり忙しくなります。

内容は主に広告代理店の仕事を通してマーケティングを実践していくことになります。時間も取られ、かなり忙しくなるので、相当なやる気が必要かもしれませんが、他にはないと断言できるくらい自分を成長させられる機会を与えてくれるインターンだと思っています。

仕事に際してはメンターと呼ばれる指導者が1人に1人ついてくれて、仕事の指導やフィードバックをその都度してくれるので、安心して業務をすることができます。

かなり覚悟の必要なインターンですが、大学1年生もやっていたようなインターンですので、自分を成長させたいやる気のある方に、これ以上ないおススメのインターンです。

ITコミュニケーションズの紹介

新御茶ノ水駅から徒歩2分、御茶ノ水駅から徒歩10分、という立地の良さにあるのがITコミュニケーションズです。大学の帰りや部活やサークル前に出社しやすいと思います。

        

社内の雰囲気はというと、社員の皆さんみんなフレンドリーで面白くて楽しい環境です。50名ほどが働いていて、女性のほうが若干多いという感じです。職場も昨年新しくなったばかりで広くてきれいで感動します。

ITコミュニケーションのインターンについて、詳しい情報は下の画像をクリック!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPILOTIをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
PILOTI

PILOTI

上智生のメディアPILOTI。 2016年6月にできた、上智生の、上智生による、上智生のためのメディア。