上智大学応援団

上智大学応援団

押忍!

 

上記の文字は[オス]と発音します。

戦前、武道専門学校の生徒の間から生まれた言葉で、「おはようございます」の略だという説が有力です。 変遷としては、「おはようございます」→「おはよーっす」→「おわーす」→「おす」という変化だそうです。武道専門学校の人はとても面倒くさがりだったようですね。

漢字としては、武道の精神である「自我を抑えて我慢する」という意味の「押して忍ぶ」が当てられ、押忍となったと言われています。自我を抑えて我慢する精神があるならば、おはようございますくらい、ちゃんと発音して欲しいと思うのは私だけでしょうか。

さて、読者の皆さんは、この押忍をどこで聞くでしょうか? 空手部?柔道部?応援団?パチンコ店?運動会?男塾?

私はこの応援団で押忍をよく聞いているんです。

上智大学応援団とは?

皆さんは、上智大学応援団の存在をご存知でしょうか?

そうです。あの「上智大学」にも応援団、あるんです。 上智大学と言えば、「おしゃれ」「きれい」「英語」のイメージがありますよね。

3K(きつい、きたない、きけん)のイメージが定着する応援団が、真逆のイメージを構築する上智大学の中で生き延びているなんて、私自身が驚きです。

しかしここだけの話、ちゃんと活動してるんですよ!

活動報告の前に、今回はまず、上智大学応援団の構造を確認していきましょう。 意外と知られていないのですが、応援団は三部によって構成されているんです。

まずは皆さんが応援団と聞いて、一番初めにイメージするであろう学ランを着た人達。この人達を、私たちはリーダー部と呼んでいます。3Kの象徴ですね!

次に、応援団を盛り上げ、注目を浴びるためには欠かせない、音を奏でる人達。この人達を、私たちは吹奏楽部と呼んでいます。実は結構、人数います。

最後に、応援団に花を添え、時にはハイポテンシャルを披露する人達。この人達を、私たちはチアリーディング部と呼んでいます。可愛いコ、揃ってますヨ♪←

この三部が集まることで、初めて応援団をすることになります。 今回は、押忍の読み方・成り立ちと、上智大学応援団の各部の構造を頭の片隅に置いといて頂ければ、と思います。 押忍!

この記事を書いた人

上智大学応援団

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPILOTIをフォローしよう!