多くの学生は、昼間は大学で勉強をし、夕方になればアルバイトでお金を稼ぐ。

ここであなたに問いたい。

「そのバイト、楽しい?」

「はっ!」

そう思ったあなたにいいものがあります。

それが長期インターンです。

 

長期インターンは、実際に半年以上会社に入って、社会人と一緒に仕事をするものです。

「え? でも、いきなり会社とか。。。」

大丈夫!

そんな人でも気持ちよく働ける会社があります。

 

それが、「株式会社キュービック」です。

「でも、何するの??」

では、何をするのか、見ていきましょう。

なにをやっているのか

cubic8       cubic2

キュービックでは、長期インターン生をいつでも募集しています。

キュービックは、Webマーケティングの会社ですが、

「Webマーケティング?何それ美味しいの?」

という人でも大丈夫。ほとんどのインターン生が未経験から始めます。

*************************************

キュービックは、インターン生が多い会社です。

社員45人に対して、インターン生が88人います。(2016.8月現在)

人数比率は、
 1年:5人
 2年:20人
 3年:32人
 4年:23人
 社会人インターン:8人
と、年齢も学年もバラバラ。

大学も、早稲田・慶應から、上智・ICU、MARCH、横国や一橋などなど様々です。

*************************************

キュービックのインターンは超実践型。よく「インターンはどんな業務をするんですか?」と聞かれますが、どちらかと言えばやってないことの方が少ないかもしれません。

YahooリスティングやGoogleアドワーズ、Facebook広告やTwitter広告などの有料広告運用。施策の提案をどんどんしてもらい、社員のGOが出たら即反映というスピード感。大学1~2年生でも、分析から運用まで一人で幅広くこなすインターンも多くいます。

コンテンツメディアでは、コンテンツのライティングやエディション、クラウドワーカーの募集やコントロール、コンテンツの企画にまで入っている子も。広告バナーを含むクリエイティブの制作は、フォトショやイラレを使って一通りこなせる子も多いです。

つまり、「逆に社員は何やってるんですか」という質問が来てもおかしくない状態なのです。

ちなみに社員は1人1人の特徴に合わせて、個人の成長とチームの成長、会社の成長がつながるようにマネジメントする役割を担っています。

すぐ近くで社員が向き合ってくれる環境というのも、キュービックのインターンならでは。
希望を出せば部署の異動や、修行のためのレンタル移籍なども可能。できることは無限大です。

なぜやるのか

cubic7

なぜこんなにインターンをたくさん雇っているのか。それは、学生・会社・社会の「三方よし」という考えからきています。

*************************************

1. 学生よし:「働く」ということのリアルを知ってもらいたい

実際の業務としては上記のような仕事に従事してもらいますが、当然会社に入る時点から何かスキルを持っているというケースはほぼないです。このためOJTで社員や先輩インターンにくっついて、チームとしての成果目標を一緒に追いかけながら仕事を覚えていきます。

チームワークの楽しさ、目標を追いかけることの苦しさや厳しさ、そして手触り感のある成功体験。時には上司に怒られている社員の様子も目にする。仕事のリアル、働く人のリアルを見て、自分はこういう仕事をしたい・こういう人になりたい・こういう働き方をしたい・こういう人生を送りたいという、将来の自分のアウトラインを作るきっかけを得ることができます。

cubic1
もちろんインターン経験は就職活動時にかなり有利。卒業生の就職先は、銀行や保険会社、通信インフラ系などさまざまな方面に散ります(大手企業に行くケースがほとんど)が、面接でのツカミがうまくいきやすいことや、会社・働く人を見る目も養われていることは、大きな武器になります。

そして新人1年目からしっかり働ける「いきなり使える新人」としてパフォームできることも大きなメリットです。

*************************************

2. 会社よし:人材獲得チャネルとして大きく機能

私たちのような無名ベンチャーに、優秀でピカピカの経歴を持つ学生など通常は集まりません。新卒採用を本気でやろうとしたら相当なパワーがかかります。

しかし、長期インターンなら話は別。リスクやコストを抑えて優秀な学生を集めることがしやすく、リレーションをしっかり作ることでそのまま新卒採用のチャンスも出てきます。

何ヶ月〜何年も一緒に働き、お互いのいいところもダメなところもわかりきった状態での、ミスマッチのない採用。採用面接すら必要ないケースもあるでしょう。

正社員採用に至らなくても、学生は十分戦力化可能です。少なくとも、しっかり教育できれば時給以上のパフォーマンスは必ず返してくれます。また、若いうちから正社員が学生を対象としたマネジメント経験を積むことができることも大きいです。

cubic3

*************************************

3. 社会よし:経済力や競争力の向上も

高齢化が進み人口も減っていく日本において、「働き手」の人数確保は重大な課題となっています。

しかし本来22歳の大学卒業まで経済活動に参加しない予定の大学生を、経済活動の現場に引っ張り出すことができれば、多少なりこの低下速度を抑えることもできるのではないでしょうか。そしてインターン経験を積んだ学生が社会人1年目からバリューを発揮するようになれば、頭数以上の付加価値生産能力が日本の会社にもう一度宿るかもしれない、そう考えています。

長期インターンを受け入れやすいスタートアップベンチャーなどに人材が分散することも重要だと考えています。そもそも、上位の大学の学生のうち大半はベンチャーへの就職を選択肢にすら入れていないはず。

大きな裁量を持って仕事をしさえすれば大きなパフォーマンスを出す可能性のある層が、大手企業に歯車として飼いならされてしまうのはもったいない。インターンを通じてまずはこういう世界があることを知ってもらうこと。私たちがもっとプレゼンスを高めることは、学生の適正配置にもつながるんじゃないかと思っています。

*************************************

もちろん学生を大量に雇うことはリスクも伴います。管理コストもそこそこかかるし、振り回されてしまう社員も出かねなません。

顧客情報を扱う場面が少ないキュービックのビジネスモデルは、上記のような経験を学生に積ませてあげるには格好の現場で、他社が簡単に真似できるものではないかもしれません。それでも、長期インターンの仕組みがどんどん広まることは学生・会社・社会にとって大きな価値があると信じ、開き直って学生大募集中です。

どうやっているのか

cubic15      cubic14

実際に、働いているインターン生にキュービックの魅力を聞いてみました。

*キュービックの魅力*

①給料が出る

やっぱりお金は大事です。キュービックのインターンは有給で、昇給システムも明確です。
基本給にプラスして、時間給(月に入った時間数によって時給が上がる仕組み)と、評価給(上司からの評価によって時給が上がる仕組み)があるため、頑張れば頑張った分だけ給料が上がるような仕組みになっています。

また、シフトが自由で働きたいときに働けること、条件を満たせば休日も働けることなども魅力に感じています。

②裁量が大きい

とにかくインターンの裁量が大きいです。自分で考えた施策を試すことができたり、その効果をすぐに測ることができたりするので、自分の成長やチームの成果を日々感じることができます。また全くの未経験から、メディアや広告について一通りの知識を身につけることができるので、就活のときに色々語れました!

③学生インターンが多い

とにかく学生インターンが多い!他大学の友達がたくさん増えました。休日にみんなで遊びに行ったり、インターンも社員旅行に連れて行ってもらえたりするので、インターン同士の仲も深まります。また、最初の指導も先輩インターンがしてくれるため、馴染みやすいというのも魅力です。

④社員との距離が近い

自チームだけでなく、他のチームの上司とも交流する機会が多くあるため、人生の先輩の話をたくさん聞くことができます。自分の将来を考える上でも、社員さんのお話はとても参考になります。

他にも、その月で一番成果を出したインターンはMVPとして表彰されたり、チームの垣根を越えて交流する制度があったりと、インターンが会社に馴染みやすい環境であることが、こんなにもたくさんのインターンが活躍している理由かもしれません。

こんなことやります

現在、すべての部署でインターンを募集しています。
1つでも興味を持ったポイントがあれば、是非一度オフィスに遊びに来てみませんか?

 

<コンテンツDiv.>

比較サイトや情報サイトを運用、記事企画や構成案を考え、ユーザーに求められるコンテンツを提供できるサイトを作り売り上げを生み出していく、キュービックの大黒柱。
 #コンテンツマーケティング #SEO #記事企画・構成 #データ解析

cubic11

 

<アドストラテジーDiv.>

リスティング広告やFacebook広告、バナー広告などを利用した広告戦略を立案・展開し、ユーザーの行動のきっかけを作ることで売り上げを生み出していく、キュービックの最前線部隊。
 #広告運用 #リスティング広告 #DSP広告 #ランディングページ作成 #LPO

cubic9

 

<アカウントプランニングDiv.>

キュービックの強みであるWebマーケティングの技術を、キュービック外の方に提供したり連携したりして売り上げを生み出していく、キュービックの営業部隊。
 #営業 #セミナー #外部提携

cubic13

<クリエイティブユニット>

ただ依頼されたものを作るのではなく、ディレクターと相談しながらマーケティング視点でサイトやページをデザインしていく、クリエイティブなデザイナー集団。
#フォトショップ #イラストレーター #デザイン #コーディング

cubic10

<社長室>

キュービックの看板を背負う、「人事」と「広報」の機能を持つチーム。イベント企画から、面接、採用や組織作りなどの役割を担う。
#人事 #広報 #採用 #イベント企画 #オウンドメディア

cubic12

 

▼条件・希望
・月60時間以上の勤務
 (10:00~21:00の間でのシフト制です ※原則平日)
・大学1~3年生
・楽しく仕事ができる
以下があればより嬉しいです
・考えることが好き
・成長意欲が高い
・目標に執着し、業務に結果を求められる
・人と協力して仕事ができる

—–応募の流れ—–

まずは、株式会社キュービックの採用ページへアクセス!

http://cuebic.co.jp/recruit/entry/005.html

(1)エントリーフォームに必要事項を入力してエントリー
 ↓
(2)エントリーフォームの入力内容に基づく書類選考
 ↓
(3)社員による面接(最大2回)
 ↓
(4)採用

株式会社キュービック
代表取締役 世一英仁
所在地 〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
設立 2006年10月24日
従業員数 140名

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPILOTIをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
PILOTI

PILOTI

上智生のメディアPILOTI。 2016年6月にできた、上智生の、上智生による、上智生のためのメディア。